タクシーの求人に応募する下準備|ネットで情報収集をしよう

男性

普通免許で応募できる

停留所

特別な資格がなくてもOK

近年、観光国家となりつつある日本。東京や大阪、その他の大都市や有名な観光地に限らず、国内外の観光客が押し寄せるようになってきました。全国で活躍しているタクシーは、どこでも人手不足で求人件数が多いと聞いています。そんなタクシーの求人募集に関してですが、タクシーはお客さんを乗せて走るので、運行する場合には普通自動車2種免許が必要なことは広く知られています。しかし、もしあなたがタクシーの乗務員として求人にトライするとしても、応募時に2種免許が必要でない場合が多いのをご存知ですか。さすがに普通自動車免許の1種は必要で、中には免許を取得してから数年経っていないといけない場合もありますが、最近のタクシー乗務員の求人では入社後にトレーニングして取得することができるものも多いのです。

ある意味究極のサービス業

タクシー乗務員の仕事は「お客さんを安全に目的地まで運ぶこと」。ですが、その運転技術や接客業務のスキルを発展させ、新たなサービスが広がりを見せています。例えば、「介護タクシー」「お子さま送迎タクシー」などです。文字通り、介護系はお年寄りがデイサービスに通ったりするときに使われるのはもちろん、車いすが必要なお年寄りがタクシーを利用するときに活躍します。また、お子さま送迎は、塾や習い事の送り迎えで利用されています。こういったサービスの充実は、乗務員のやりがいにも比例します。またお客さんありきの職業ですので、お客さんの様々なニーズに応えられる柔軟な思考のできる人には、うってつけの仕事と言えるでしょう。運転技術や交通状況の判断力などのスキルアップが可能であることも、大きな魅力の1つです。